初心者が一眼レフカメラで乗り物を撮る時に失敗しないためのポイント

乗り物は、動きが速いため失敗の多い被写体です。
では、カメラ初心者が乗り物を一眼レフカメラで失敗せずに撮るには、どんなことがポイントになるのかを見てみましょう。

乗り物の撮影で問題になるのが、ピンボケしやすいことです。
動きが速いために、ある程度は仕方ありませんが、これでは綺麗な写真は撮れません。
そこでオートフォーカス機能に着目してみます。

通常、オートフォーカスはシャッターボタンを「半押し」することで起動しますよね。
後は、カメラが自動でピント合わせ。
音で知らせてくれるので、ピントが合ったらシャッターを切ります。

1枚撮影したら再度半押ししてオートフォーカスをする必要があり、動く被写体を撮るには不便です。
そこで、「親指オートフォーカス」というテクニックを利用しましょう。

親指オートフォーカス

一般的な一眼レフカメラには、シャッターボタンとは別にオートフォーカスを割り当てられるボタンが付いています。
設定で割り当てておけばいいだけです。

ボタンはカメラの背面部分にあります。
そこを親指で押すわけです。
親指でオートフォーカスを使えるので、親指オートフォーカスと呼ばれます。

これなら親指でオートフォーカスを使い、後は人差し指でシャッターを切るだけです。
連続でシャッターを切ることもできます。
走行中の乗り物でも、しっかりと撮影可能です。

カメラ上級者なら当たり前のように使っている親指オートフォーカスですが、方法が簡単なわりに、初心者の方はあまり使っていません。
あまり知られてないってことなんでしょうね。

ただ、誰でもすぐに使えるテクニックです。
カメラ初心者であっても、上手に活用して、乗り物を綺麗に撮りましょう。

初心者でも簡単!一眼レフカメラで料理を美味しく撮るには

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどSNSの普及で、料理を撮る機会も増えました。
せっかくならキレイに料理を撮りたいところですよね。
でも、カメラ初心者は、どうすればキレイな料理な写真が撮れるでしょう?
初心者でも簡単な撮り方をご紹介します。

料理を撮影する時にもっとも大事なことは「光」です。
料理は自然光で撮影するのが良いとされています。
だから、理想的なのは太陽の光に当てながらの撮影です。

とはいえ料理は屋内での撮影が多いもの。
太陽に光が当たりにくいこともあるでしょう。
なので、直射日光ではなく構いません。

窓際に寄って、レースのカーテンなどで、少しだけ遮ってあげるとちょうど良い光の加減になります。

自宅ならこれでいいでしょうか、外食の場合はそれも難しいでしょう。
なので、ホワイトバランスの調整で対応するのがコツです。

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、白いものが白く写るように、色の補正をする機能のこと

外食の料理を撮影するときは、ホワイトバランスの調整をオートにせず、マニュアルでその場の環境に合わせて自分で調整してあげましょう。

だいたいの場合は「電球」か「蛍光灯」モードです。
ホワイトバランスを調整するだけでも、料理がぐっと美味しそうに見えます。

フラッシュ

内臓のフラッシュを使う方もいますが、料理撮影では厳禁です。
フラッシュを使うと料理の色がくすんで見えてしまいます。
注意しましょう。

構図

また、意外と多いのが料理に近すぎる写真です。
意図的にアップにしているならいいのですが、基本的に料理はある程度の距離を取った方がキレイに見えます。
全体にピントを合わせるような感覚で撮るのがいいでしょう。

ただ、それだと写真的に面白みがないこともありますから、意図的に寄ってみるのも、もちろんアリです。

もし不要なものが写ってしまう場合などは、後から画像編集でトリミングした方が楽です。
まずは被写体をキレイに撮ることを考えましょう。

料理はどんなものであれ光のバランスがとても重要です。
ホワイトバランスの調整を意識するだけでも、かなり仕上がりは変わってきます。

コツさえ掴めば初心者の方でも、簡単にキレイな料理の写真が撮れますよ。

LUMIX DMC-GF7(Panasonic)ミラーレス一眼の注目すべき点は?.

パナソニックのLUMIX DMC-GF7は、ミラーレス一眼カメラとして人気の高いカメラです。
人気ということは、それだけ便利な機能があるわけです。
そこで、注目ポイントはどこなのかをご紹介します。

LUMIX DMC-GF7は、液晶パネルを上方向に180度傾けられます。
カメラの前面を自分に向けた状態で、液晶パネルを見られるようになっているわけです。

最近はSNSなどに自分や自分と友人が写った写真、いわゆる「自撮り」を載せるケースも増えています。
つまりLUMIX DMC-GF7は自撮りしやすいカメラなのです。

液晶パネルに映った自分を見ながら撮影できるため失敗しにくく、いつでも簡単に自撮り撮影ができます。
スマホではなく、ミラーレス一眼カメラで自撮りすれば、よりクリアで美しい写真が残しておけるでしょう。

さらに液晶パネルは、光の反射を抑えて、屋外でも見やすいように作られています。
今までのカメラは、晴れた日など液晶パネルが見にくいのが難点でした。
その1つの問題点をLUMIX DMC-GF7は、しっかり解消しています。

アウトドアが趣味など、屋外での撮影が多い方には、ぴったりのミラーレスカメラになるはずです。
こうした高い性能を持ちながら、消費電力を抑えられるのも特徴で、電池も長持ちします。

美肌効果やスリムモード、背景ぼかしと、機能も充実。
人物を撮影するのに適しています。
美肌効果やスリムモードは、特に女性にとっては嬉しい機能です。
人を美しく撮るなら理想的。

小型で軽量ということもあって、女性を中心に人気のLUMIX DMC-GF7は、性能的にも優れたミラーレス一眼カメラです。
使いやすさにこだわるならおすすめします。

初心者向け、動くペットを一眼レフカメラでキレイに撮るコツ

動き回るペットをキレイに撮るのは難しいものです。
初心者の方だと、どうしてもぶれてしまったり、うまく画角に収められなかったりすることもあるでしょう。
そこで、カメラ初心者が動くペットをキレイに撮るためのコツを紹介します。

まずは、ぶれ。
ぶれを防がないといけません。

カメラのぶれには、「手ぶれ」と「被写体ぶれ」の2つがあります。
手ぶれは、シャッターを押した瞬間にカメラが動くことが原因。
被写体ぶれは、被写体が動くことが原因です。

この2つをぶれを防ぐには、撮り方が重要になります。
手ぶれ予防は、とにかくしっかりカメラを固定すること。
三脚があるなら使ってもいいですし、使わない場合も両手でしっかりカメラを抑えます。

被写体ぶれは、シャッタースピードを早くして対応しましょう。
シャッタースピードが早くなれば、手ぶれもしにくくなります。
一石二鳥です。

続いて、ピント合わせ。
ピントも大切なテクニックです。
背景をぼかしたい場合は、F値(絞り)を小さくすることになりますが、その分ピントを合わせるのが難しくなります。
そのため慣れるまではF値を大きめにして撮影すると、ピントがしっかりと合ってキレイな写真が撮りやすいでしょう。

ただし、F値を大きくする(絞りを絞る)と、被写界深度が深くなり、ピントの合う範囲は広くなる半面、シャッタースピードも遅くなります。
なので、そのへんの兼ね合いも大事。

最初は、被写体であるペットに、ピントをしっかり合わせることを意識しましょう。
慣れてきたら、F値を小さく(絞りを開く)して背景をぼかすと、より被写体が強調され良い写真が撮れます。

ペットは人間と違い止まってポーズを取ってくれません。
どうしても動いてしまうことが多いため、難しい被写体です。
でも、シャッタースピードとF値を意識すれば、初心者でもペットの一瞬をキレイに切り撮ることができますよ。

一眼レフカメラの初心者でもできる!結婚式を上手に撮る方法

結婚式では写真撮影が欠かせません。
初心者でも結婚式の写真を上手に撮るためには、どんなことに注意しどう撮ればいいのでしょう。
大切な思い出として残しておくためにも、結婚式を上手に撮る方法を知っておいてくださいね。

結婚式場は暗いことが多いです。
なので、プログラムオードに設定しておくと、勝手にフラッシュを使われてしまうケースがあります。

「暗いからフラッシュを使う」。
この考え方自体、決して悪いことではありません。
ただ、フラッシュを使うと人の顔がテカったような仕上がりになってしまいます。

顔がテカったような写真を見たことがある方も、きっと多いはずです。
人物写真としては、お世辞にも良いできとは言えません。
なので、式場が暗い場合は、マニュアルモードを使い、できる限りフラッシュは使わないようにしましょう。

一眼レフカメラの場合、フラッシュではなく「ISO感度」を上げることで暗い場所でも撮影することができます。
結婚式の写真は、フラッシュを使わない方がかえって綺麗な写真を撮れますので、「ISO感度」で調整してみてください。

使用するレンズは状況にもよりますが、単焦点レンズがオススメです。
単焦点レンズだと、F値も高いのでシャッタースピードを早くすることができ、手ぶれを少なくします。

被写体から離れる場合は、ズームレンズの方が適しています。
望遠レンズで摂る場合は、手ぶれしないように十分気を付けることが大切です。
確実に手ぶれをなくすなら、レンズに関わらず三脚を利用するのもいいでしょう。

式場は屋外や普段の環境と違う点が多く、難易度が高いです。
ですが、以上の点に注意しておけば、綺麗な写真をしっかり撮ることができます。

結婚式という素敵な瞬間。
写真としてしっかり残してみてください。

カメラ初心者が一眼レフカメラで撮影時に知っておくといい写真構図

写真を撮る時に重要な要素になるのが構図です。
同じ被写体を撮るにしても、構図が違うだけで印象はガラリと変わります。
それでは、どんな構図があるのかを知っておきましょう。

日の丸構図

もっとも基本になるのが「日の丸構図」と呼ばれるものです。
日本の国旗のように、被写体を全体の中心に置く構図になります。
構図を意識しないで撮ると、大半はこの日の丸構図になるでしょう。

被写体が真ん中にあることでわかりやすく、シンプルなためどんな被写体にも合います。
ただ、少し面白みに欠けるのが欠点です。
とはいえ基本構図なので、カメラ初心者は、まずは日の丸構図で撮影してみると、いいでしょう。

二分割構図

二分割構図も簡単で、綺麗な写真が撮れます。
例えば、風景写真を撮る時に、写真の下半分は道路や丘などの陸地を配置。
上半分には空を配置するイメージです。
こうすると、写真がちょうど陸と空で二分割され、対称的な1枚となります。

風景写真ではよく見られる構図です。
二分割構図を意識するようにすると、風景写真の質はグッと上がります。

これを応用させたのが三分割構図。
画面を縦、横ともに三分割しその枠内に被写体や背景を配置するのがコツです。
グリッド表示可能なカメラなら機能をオンにしておくと、分割した線が実際に見えるようになります。
グリッドを利用すれば、簡単に三分割の構図を決められますよ。

構図次第で写真の出来は大きく変わります。
カメラ初心者は、日の丸構図や二分割構図などの基本的な構図でまずは撮影してみましょう。
慣れてくれば、少しずつ複雑な構図にチャレンジしてみてください。
そうすれば徐々に、芸術的で美しい1枚を簡単に撮れるようになっていきます。

OM-D E-M10 Mark II(OLYMPUS)のカメラの良い所とは?

オリンパスの一眼レフカメラであるOM-D E-M10 Mark II。
人気の高いカメラです。
なぜ人気なのか?
良い所をまとめてみました。

OM-D E-M10 Mark IIは、エントリークラスの一眼レフカメラでは唯一の5軸手ぶれ補正が搭載されています。
エントリークラスは、初心者がよく購入されるカメラです。

カメラ初心者は、手ぶれに悩まされるケースが多いのですが、OM-D E-M10 Mark IIならその心配もありません。
高性能な手ぶれ補正によって、どんな状況でも手ぶれしにくく、高画質で綺麗な写真をしっかりと撮影できます。

手ぶれ防止には三脚が有効です。
でも、状況によって三脚が常に使えるとは限りません。
なので、5軸手ぶれ補正は嬉しい機能です。

さらにシャッターボタンを半押しすることで、ファインダー内の手ぶれが軽減される機能まで付いています。
OM-D E-M10 Mark IIは、とにかく手ぶれしにくいのが特徴です。

OM-D MOVIEもこのカメラの良い所で、まるで映画のような高画質なムービーを撮影できます。
5軸手ぶれ補正と合わせて、手持ちの状態でも簡単に動画を撮影することが可能です。
とても自由な撮影を実現しています。

写真の撮影だけでなく、動画を撮る機会の多い方にとっては非常に便利な機能です。
小さなお子さんがいる場合だと、運動会を撮影することもきっとあるはず。
写真に加えて、綺麗な動画を残しておけるのも利点です。

手ぶれの補正にとにかくこだわったOM-D E-M10 Mark IIは、エントリークラスなので、購入しやすく、それでいて初心者向けのカメラになっています。
あらゆる面で使いやすいOM-D E-M10 Mark II。
さすがオリンパス。
幅広い層に人気なのも納得です。

初心者でもできる!一眼レフカメラを使った夜景撮影のコツ

背景写真と言えば夜景、と言えるくらい代表的な被写体です。
暗い夜の撮影は難易度も高いのですが、初心者でも綺麗な夜景を撮影できるコツを紹介します。

まず、夜景撮影時には必ず三脚を用意しましょう。
というのも夜景を撮影する時は、シャッタースピードを遅くする必要があります。
シャッタースピードを遅くすると、その結果として手ぶれしやすくなってしまいますから。

かといってシャッタースピードを早くすると、キレイに撮るための光が十分取り込めません。
だから、三脚を使ってカメラを固定することが大切なのです。

三脚を使わずに、手で固定して夜景撮影をするのはとても難しくなります。
三脚が使えない場合は、画質が少し劣ってしまいますが、ISO感度を上げて対応しましょう。
これなら手ぶれを防げます。

準備ができたら絞り気味の状態で、シャッタースピードを調整しながら撮影していきます。
夜景はいきなり綺麗に撮るのは難しいです。
シャッタースピードを調整しながら、最適な設定を見つけることが重要になります。
「ある程度は撮ってみないとわからない」と考えて、撮りながら少しずつ理想的な設定を探っていきましょう。

一言で「夜景」と言っても、状況はその場その場、その時その時でまったく違います。
なので、撮影ごとに最適な設定も変わってきます。

注意点として、夜景撮影時のフラッシュは不要です。
夜景と一緒に人も撮るなら別ですが、夜景だけを撮るならフラッシュを使っても意味がありません。

基本的にはカメラをしっかりと固定し、シャッタースピードを遅めにしておけば失敗は減らせます。
後は細かい微調整をするだけ。
慣れるまでは少し難しく感じますが、作業に慣れれば夜景撮影を成功させやすくなります。

D5500(Nikon)を選ぶ人が知っておくべき性能とは?

NikonのD5500は人気の高い機種です。
このカメラに興味があって、使ってみようかと考えている方も多いと思います。
ということで、さっそくD5500の性能について確認しましょう。

D5500の液晶画面はバリアングル液晶と呼ばれ、自由自在に動かすことができます。
そのため通常の状態では、液晶を見ながら撮影するのが難しいアングルでも、簡単に撮影可能です。

画面を見ずに撮ると、どうしても失敗が増えてしまいます。
その心配がないので、安心です。
誰でも自由なアングルで思い通りの1枚を撮影できます。

バリアングル液晶は、初心者から上級者まで誰にでも嬉しい機能でしょう。
左右と上は180度、下は90度まで回転させられます。

意外と便利なのが、アイセンサーです。
これはファインダーに目を近づけるとセンサーが作動。
液晶画面の表示をオフにしてくれる機能です。

つまり撮影時には液晶がオフ。
誤動作を防いでくれます。
それに、ファインダーから目を離すとすぐにオンの状態に戻るので、面倒なことは一切ありません。
非常に重宝する機能です。
さすがニコン、使いやすい作りになっています。

液晶画面はタッチパネル採用。
直感的に操作できます。
まるでスマホを使っているような感覚です。
ピント合わせや拡大縮小といった機能もタッチ操作。
NikonのD5500は手軽なことも特徴でしょう。

NikonのD5500は液晶画面の性能を中心に、便利で助かる機能がたくさん搭載されています。
初心者の方でも十分に使いこなせ、必要な機能はしっかり揃っているので、非常におすすめの一眼レフカメラです。

子どもの笑顔を一眼レフカメラで素敵に撮る方法

「子供の笑顔を一眼レフカメラで撮りたい」。
これはお子さんのいる方なら必ず考えることでしょう。
大切なお子さんの笑顔を素敵に撮るためには、どんな方法があるのかを考えてみまます。

屋内撮影の場合

室内撮影では、フラッシュが自動で使われることもあります。
ですが、基本的にフラッシュは使わないようにしましょう。
フラッシュは、手ぶれ防止の意味では便利なのです。
反面、強い光によって少し不自然な写真になってしまいがち。

なので、お子さんの自然な表情を撮るためにも、フラッシュは極力使わないのがおすすめです。
窓際で撮影するなど、自然の光を利用すると雰囲気も出て綺麗な写真が撮れます。

構図

構図についても意識しましょう。
お子さんの笑顔を撮ることが目的です。
だから、それ以外の要素は基本的に考える必要はありません。

ある程度顔をアップにして、全体の中心にドンとお子さんの顔が配置されるような構図が好ましいでしょう。
背景なども被写体として考える構図もありますが、背景を意識すると、お子さんの笑顔が強調されなくなってしまいます。

レンズ

使用レンズは、それほど意識する必要はありません。
もし、お持ちになっているなら単焦点レンズですね。
単焦点レンズは人物撮影に向いていて、人の目に近いとされていますので、親御さん目線の1枚が撮れます。

また、背景をぼかしたりもしやすくなりますから、主人公の子どもが引き立ち、より綺麗な写真になります。

フラッシュは使わず、構図とレンズに気を付けれ、お子さんの笑顔も失敗せずにしっかり残せるでしょう。