初心者が一眼レフカメラを購入する時に気をつける点は?

初心者が一眼レフカメラを購入する時には、どんなことに気をつければいいのでしょう。
カメラ選びで失敗しないためにも、これは重要です。
ここでは気を付けるべきポイントを紹介します。

実際に一眼レフカメラを購入する前に、メーカー・カメラ・レンズの違いや特徴を抑えておきましょう。
同じような性能の一眼レフカメラであっても、メーカーによって特徴が変わってくるからです。
風景写真に強いメーカー・カメラ・レンズ、人物写真に強いメーカー・カメラ・レンズなど、各メーカーが独自の強みを持っています。

自分がどんな写真を撮りたいのかを考え、撮りたいテーマに合ったメーカー・カメラ・レンズを選ぶことが大切なのです。
カメラ選びをする時には、どうしても性能や機能に目がいってしまいますが、メーカーがどこなのかも重要な要素になってきます。

性能面では、画素数は解像度だけではなくイメージセンサーにも注目しましょう。
イメージセンサーは撮影した写真の画質を左右する非常に大切なポイントです。
イメージセンサーが優れていれば、それだけ綺麗な写真になります。

一般的なイメージだと、画素数と解像度が重視されそうですが、イメージセンサーも一緒に確認するようにしましょう。
これをするだけで綺麗な写真が撮りやすくなります。

最後に、カメラ本体の他に付属品もチェックしておきます。
ケースやストラップなど、撮影時にあると便利な付属品は多いです。
本体に付属されていないものは、自分で別途購入しなければなりません。

もtろん本体だけでも写真は撮れます。
でも、快適な環境で撮影を楽しむためには、付属品もしっかりチェックし、必要なものを揃えておくようにしましょう。

これらの点に気を付けておけば、初心者の方でもカメラ選びで失敗することが減ります。
一眼カメラは安い物ではありません。
長く愛用するためにも、カメラは慎重に選ぶことが大切です。

EOS Kiss X8i(Canon)の一眼レフカメラの性能や特徴について

EOS Kiss X8i(Canon)は初心者に人気のカメラです。それだけ使いやすいわけですが、性能や特徴はどうなっているのか、これを抑えておきましょう。

なんといっても非常に高画質な写真が撮れます。有効画素数は約2,420万画素の大型CMOSセンサー(APS-Cサイズ)を搭載。これは他の一眼レフカメラと比較しても高い数字です。

これだけの有効画素数だと写真も非常に綺麗。大切な瞬間を綺麗なままいつでも見られるようになります。カメラは、やはり画質が綺麗かどうかはポイントです。その点、EOS Kiss X8iはまったく問題ありません。

ピント合わせが速く、ピントが正確

ピントを合わせやすいことが強みです。EOS Kiss X8iは、19点の測距点を持っています。ピント合わせの範囲が非常に広く、簡単に被写体にピントを合わせられます。

動いている子供さんも素早く正確にキャッチ。撮りたい!その瞬間を撮影できます。特に初心者の方の場合、ピントを合わせるだけでも苦労したりするので、これはありがたいですね。

ISO感度

Kiss X8iの常用ISO感度は100~12800です。高感度は12,800と高くなっているため、手ぶれを防止しやすく、どんな環境や被写体でもしっかりと撮影可能です。本来、高感度で写真を撮るとノイズがでやすくなります。でもX8iは、大型センサーや映像エンジンDIGIC 6でノイズを抑えますから、初心者でもキレイな写真を撮れるのです。

一眼レフカメラというと、「使い方や撮り方が難しい」。そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、EOS Kiss X8iは非常に使いやすいカメラです。初めての方にもおすすめ。

初心者のカメラ選び、デジタル一眼レフカメラが向いている人、ミラーレス一眼カメラが向いている人

カメラ初心者だとデジタル一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラ、どちらがいいのか迷ってしまうものです。それぞれどんな人に向いているのかを見てみましょう。

デジタル一眼レフカメラ

デジタル一眼は画質にこだわる方に最適なカメラです。というのも、ミラーレス一眼カメラと比べても画質の良いものが多く、高画質な写真を撮影することが可能だから。機能も多機能なものが揃っています。本格的に写真撮影を楽しみたい方にはとても便利でしょう。

その分、重かったり、機能が多いため慣れるまでに時間がかかるといった部分があります。性能という点では、ミラーレス一眼カメラを大きく上回っています。プロが撮ったような1枚が撮りたい、そんな方はデジタル一眼レフカメラを中心にカメラ選びをするのがおすすめです。

ミラーレス一眼カメラ

小型で軽量。非常に扱いやすいのが特徴です。持ち運びもしやすいので、散歩の途中に綺麗な景色を撮影する、なんてこともしやすいでしょう。普段から気軽に写真撮影を楽しみたいなら、画質ではデジタル一眼レフカメラに劣りますが、ミラーレス一眼カメラがおすすめ。

使い方もシンプルで、比較的簡単。そういった意味でも初心者向けになっています。まずはミラーレス一眼カメラで写真撮影に慣れるのもいいかもしれません。

このようにそれぞれ特徴が異なっているため、自分にとってどちらが良いのかをしっかり考えることが大切です。最適な1台を選べば楽しく写真を撮ることができるでしょう

このサイトについて

こんにちわ。「50代以上カメラ初心者、おススメ一眼レフ上達法」管理人です。本日はご訪問ありがとうございます。

私は50歳になったのを機にカメラを本格的に始めました。それまでは趣味らしい趣味のなく、趣味といえばたまにパチンコをする程度。ほとんど無趣味でした。

で、50歳を目前に控えた時に、仕事が休みの日にすることもなく、だらだら過ごすのはよくないだろう。何か趣味を持とうという考えにいたりました。ただ、50歳の年齢を考えれば、あんまりハードなことはできません。

そこで、歳を取っても出来るカメラが良さそうだなーと。そういう結論に至ったのです。それに、カメラはかねてから興味がありましたし、健康にも良さそうですからね。

ただ、カメラ初心者。何をどうやっていいのか分かりません。我流でやるというのも一つの方法ですが、50歳という年齢を考えると、我流でのんびり学んでいくだけの時間もない。でも、早く上手くなりたい!

そんなカメラ初心者な私がどうやって、カメラの技術を学んでいったのか?そのあたりのお話をしていければと思っています。私と同じように50代以上からカメラを始められる方は多いと聞きます。そういった50代のカメラ初心者の方の参考になれば幸いです。

シャッターを押せば、誰だって同じような写真になるのと違うの?そう思われている方もいるかもしれませんが、カメラは思っているよりも奥が深いものです。かなり個性とか性格とか出ます。芸術性や創造性も高いです。だから、けっこうはまります。

上手くなれば、その面白さは広がっていきます。最初は撮りたいもの、テーマはないかもしれません。でも、そのうちきっと見つかります。見つかれば、さらに面白くなりますよ!50代から始める趣味としては、本当に最適。

50代以上のカメラ初心者の役に立つサイトにできればと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。