カメラ初心者の撮り方

カメラ初心者向け一眼写真の撮り方と教室より上達が速い講座

使う

一眼レフカメラの初心者でもできる!結婚式を上手に撮る方法

投稿日:

結婚式では写真撮影が欠かせません。
初心者でも結婚式の写真を上手に撮るためには、どんなことに注意しどう撮ればいいのでしょう。
大切な思い出として残しておくためにも、結婚式を上手に撮る方法を知っておいてくださいね。

結婚式場は暗いことが多いです。
なので、プログラムオードに設定しておくと、勝手にフラッシュを使われてしまうケースがあります。

「暗いからフラッシュを使う」。
この考え方自体、決して悪いことではありません。
ただ、フラッシュを使うと人の顔がテカったような仕上がりになってしまいます。

顔がテカったような写真を見たことがある方も、きっと多いはずです。
人物写真としては、お世辞にも良いできとは言えません。
なので、式場が暗い場合は、マニュアルモードを使い、できる限りフラッシュは使わないようにしましょう。

一眼レフカメラの場合、フラッシュではなく「ISO感度」を上げることで暗い場所でも撮影することができます。
結婚式の写真は、フラッシュを使わない方がかえって綺麗な写真を撮れますので、「ISO感度」で調整してみてください。

使用するレンズは状況にもよりますが、単焦点レンズがオススメです。
単焦点レンズだと、F値も高いのでシャッタースピードを早くすることができ、手ぶれを少なくします。

被写体から離れる場合は、ズームレンズの方が適しています。
望遠レンズで摂る場合は、手ぶれしないように十分気を付けることが大切です。
確実に手ぶれをなくすなら、レンズに関わらず三脚を利用するのもいいでしょう。

式場は屋外や普段の環境と違う点が多く、難易度が高いです。
ですが、以上の点に注意しておけば、綺麗な写真をしっかり撮ることができます。

結婚式という素敵な瞬間。
写真としてしっかり残してみてください。

-使う

Copyright© カメラ初心者の撮り方 , 2017 All Rights Reserved.