カメラ初心者の撮り方

カメラ初心者向け一眼写真の撮り方と教室より上達が速い講座

使う

カメラ初心者が一眼レフカメラで撮影時に知っておくといい写真構図

投稿日:

写真を撮る時に重要な要素になるのが構図です。
同じ被写体を撮るにしても、構図が違うだけで印象はガラリと変わります。
それでは、どんな構図があるのかを知っておきましょう。

日の丸構図

もっとも基本になるのが「日の丸構図」と呼ばれるものです。
日本の国旗のように、被写体を全体の中心に置く構図になります。
構図を意識しないで撮ると、大半はこの日の丸構図になるでしょう。

被写体が真ん中にあることでわかりやすく、シンプルなためどんな被写体にも合います。
ただ、少し面白みに欠けるのが欠点です。
とはいえ基本構図なので、カメラ初心者は、まずは日の丸構図で撮影してみると、いいでしょう。

二分割構図

二分割構図も簡単で、綺麗な写真が撮れます。
例えば、風景写真を撮る時に、写真の下半分は道路や丘などの陸地を配置。
上半分には空を配置するイメージです。
こうすると、写真がちょうど陸と空で二分割され、対称的な1枚となります。

風景写真ではよく見られる構図です。
二分割構図を意識するようにすると、風景写真の質はグッと上がります。

これを応用させたのが三分割構図。
画面を縦、横ともに三分割しその枠内に被写体や背景を配置するのがコツです。
グリッド表示可能なカメラなら機能をオンにしておくと、分割した線が実際に見えるようになります。
グリッドを利用すれば、簡単に三分割の構図を決められますよ。

構図次第で写真の出来は大きく変わります。
カメラ初心者は、日の丸構図や二分割構図などの基本的な構図でまずは撮影してみましょう。
慣れてくれば、少しずつ複雑な構図にチャレンジしてみてください。
そうすれば徐々に、芸術的で美しい1枚を簡単に撮れるようになっていきます。

-使う

Copyright© カメラ初心者の撮り方 , 2017 All Rights Reserved.