D5500(Nikon)を選ぶ人が知っておくべき性能とは?

NikonのD5500は人気の高い機種です。
このカメラに興味があって、使ってみようかと考えている方も多いと思います。
ということで、さっそくD5500の性能について確認しましょう。

D5500の液晶画面はバリアングル液晶と呼ばれ、自由自在に動かすことができます。
そのため通常の状態では、液晶を見ながら撮影するのが難しいアングルでも、簡単に撮影可能です。

画面を見ずに撮ると、どうしても失敗が増えてしまいます。
その心配がないので、安心です。
誰でも自由なアングルで思い通りの1枚を撮影できます。

バリアングル液晶は、初心者から上級者まで誰にでも嬉しい機能でしょう。
左右と上は180度、下は90度まで回転させられます。

意外と便利なのが、アイセンサーです。
これはファインダーに目を近づけるとセンサーが作動。
液晶画面の表示をオフにしてくれる機能です。

つまり撮影時には液晶がオフ。
誤動作を防いでくれます。
それに、ファインダーから目を離すとすぐにオンの状態に戻るので、面倒なことは一切ありません。
非常に重宝する機能です。
さすがニコン、使いやすい作りになっています。

液晶画面はタッチパネル採用。
直感的に操作できます。
まるでスマホを使っているような感覚です。
ピント合わせや拡大縮小といった機能もタッチ操作。
NikonのD5500は手軽なことも特徴でしょう。

NikonのD5500は液晶画面の性能を中心に、便利で助かる機能がたくさん搭載されています。
初心者の方でも十分に使いこなせ、必要な機能はしっかり揃っているので、非常におすすめの一眼レフカメラです。