一眼レフカメラで撮影時に手ぶれをしないで撮るコツとは?

一眼レフカメラでの撮影時、初心者を悩ませるのが手ぶれです。
では手ぶれをしないで撮るコツはないのでしょうか。
ここでは手ぶれを防ぐ方法を紹介していきます。

撮った写真を後で見返した時、被写体も背景も写真全体がぶれているのは手ぶれが原因です。
シャッターを切った瞬間に手が動いてしまったことで、写真がぶれます。

これを防ぐためには、まず撮影時の態勢が重要です。
シャッターを切る時には、しっかりと両脇を締めカメラと手を固定するようなイメージで撮影しましょう。
手とカメラさえ動かなければ手ぶれはしません。
これは写真撮影の基本中の基本です。
どうしても難しい場合は、三脚を利用するのもいいでしょう。

レンズによる手ぶれ

また、使うレンズも手ぶれに大きな影響を与えます。
たとえば望遠レンズは、レンズの中でも手ぶれしやすいレンズです。
遠くの被写体を撮影するのに便利な望遠レンズを使う時には、普段以上にカメラと手を固定するよう意識しましょう。

シャッタースピードによる手ぶれ

「手ぶれは、シャッタースピードの問題ではないか?」と考える方も多いのですが、シャッタースピードが関係してくるのは、手ぶれというより被写体ぶれです。
そのためシャッタースピードを変更しても、手ぶれが改善されないことがあります。
注意してください。
シャッタースピードを変える前に、まずは自分の撮影態勢を見直すのがコツです。

手ぶれは、撮影時の状態を意識すれば、それだけで改善されていきます。
貴重な瞬間をしっかり写真に収めるためにも、手ぶれしないで撮れるように練習してみてください。